フルキャスト事業停止命令に関する声明

フルキャスト事業停止を受け
昨日(10/3)派遣ユニオン/フルキャストユニオンが出した声明文です。


フルキャスト事業停止命令に関する声明


 本日(10/3)、「フルキャスト」に1ヶ月の事業停止命令が出された。
 グッドウィル廃業以降、日雇い派遣最大手となったフルキャストがコンプライアンスを推進してもなお違法行為が後を絶たないのは、そもそも危険作業を伴い、法令違反も発生しやすい「軽作業」(実際は重労働)と呼ばれる物流、製造業等のブルーカラーの分野にまで派遣対象を拡大したことの当然の結果である。
 使用者が雇用責任を持たない間接雇用、ピンハネを合法的に行なえる労働者派遣は、必然的に防災対策を低下させ、労働災害を増加させるばかりか、低賃金・不安定雇用を招く。
 1999年の派遣法改正時の派遣対象業務原則自由化は、そもそも労働者への弊害が多いことから専門性の高い業務のみに認めていた派遣制度を、ブルーカラーをはじめあらゆる業務について認め、ワーキングプアを拡大させた。
 相次ぐ不祥事によるグッドウィルの廃業、フルキャストの事業停止によって、一時的に雇用を失う労働者が大量に発生するが、日雇い派遣が生み出したワーキングプアは一時的な失業状態にさえ耐えられず、生活破綻を招く状態に置かれている。
 事業停止の対象となるスポットの仕事に就いていた日雇い派遣労働者は本来、昨年9月に日雇い派遣労働者にも適用されることとなった「日雇い雇用保険」が生活破綻から救済するセーフティネットとなるべきものであるが、現時点で日雇い雇用保険に加入している日雇い派遣労働者は全国で4名しかおらず、事実上皆無に等しい。
 日雇い派遣労働者のセーフティネットとなるべき「日雇い雇用保険」の加入者がゼロに等しい状態のまま、フルキャストに事業停止命令を発し、多くの労働者を路頭に迷わせようとしている国(厚生労働省)の責任は大きい。
 たくさんの日雇い派遣労働者を生活破綻させかねない今回の事業停止命令に際して、フルキャストユニオンは、下記のとおり声明する。


第1 事業停止命令に際して、国(厚生労働省)に以下の対策を求める。

 1. 事業停止により一時的に雇用を失うフルキャストの日雇い派遣労働者の生活を救済するため、「日雇い雇用保険」の遡及加入等の措置をとること。
 2.低賃金に苦しみ常に失業の危機にさらされる「ワーキングプア」をなくしていくため、以下の労働者派遣法改正を早急に実施すること。
  (1)違法派遣を生み出し、また、低賃金・不安定雇用・労災の多発を招くブルーカラー等の派遣を禁止し、派遣対象業務を99年派遣法改正以前の専門業務に限定すること。
  (2)細切れ契約による不安定雇用を生み出す登録型派遣を規制すること。
  (3)マージン率を上限規制すること。

第2 フルキャストユニオンは、事業停止により一時的に雇用を失うフルキャストの日雇い派遣労働者の生活を守るため、以下の取り組みを行なう。

  1.雇用保険の遡及加入による失業給付の活用の呼びかけ
  2.有給休暇取得の呼びかけ
  3.フルキャストの日雇い派遣労働者の生活を守るための労働相談(フルキャストユニオン 電話03-5371-8808)

以上




派遣ユニオン/フルキャストユニオン
03-5371-8808
関連記事
スポンサーサイト

tag : フルキャスト ユニオン 日雇い派遣 派遣法改正 声明

プロフィール

派遣ユニオン

Author:派遣ユニオン
雇用形態を問わず、一人でも入れる労働組合・派遣ユニオンのブログです。

TEL: 03-5371-8808
FAX: 03-5371-5173
E-mail: sekine(at)zenkoku-u.jp
Address: 渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F

ランキング参加中!
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
blogram投票ボタン
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる