福島第一原発の労働問題

福島第一原発で働く労働者から相談がありました。

Hさんは今年2月、ネットの募集をみてA社に応募。
就労開始が延期になったり、仕事が変更されたりしながら
6月初旬に福島県いわき市へ。
A社の募集でしたが、B社の採用となり
6月10日から一年間の雇用契約を結びました。

実際の仕事は、B社からC社・D社・E社を介して
東京電力の一次下請けF社と
二次下請けE社の管理化に置かれて働くことになりました。

東京電力-F社-E社-D社-C社-B社の契約はすべて業務委託契約ですから、
四重ないし五重の多重派遣・偽装請負です。
末端のB社は法人格さえありませんでした。

Hさんの放射線管理手帳にはまったくでたらめの経歴が記載され、
本来会社が負担すべき健康診断費用も支払わされ、
作業の放射線量についてはF社から以下のとおり説明されました。

「放射線測定器のしきい値を9ミリシーベルトに設定します。
 ブザーが5回鳴ると9ミリになるけど3回ぐらいで交代してもらいます」。

たとえ3回だとしても5ミリシーベルト以上。
一年間の線量管理目標値20ミリシーベルトに
たった4日の作業で達してしまうほどの高放射線量です。

HさんがB社に「線量が高すぎませんか」と伝えると、
B社は
「1日1ミリ浴びても8日経てば半減してゼロになる。
 みんなそれぐらい浴びてるから大丈夫」
と、いい加減な説明をしました。

Hさんが原発での作業中、E社の担当者に放射線量のことで苦情を言うと、
その日のうちにD社に呼び出され即日解雇されました。

派遣ユニオンは
Hさんの解雇撤回や中間搾取した賃金の支払い、放射線管理の徹底などを求めて
東京電力及びF~A社に対して団体交渉を申し入れましたが、
雇用主であるB社以外はすべて
「雇用契約関係にないので団体交渉には応じない」
と回答してきました。

多重派遣・偽装請負は
このような無責任な管理を当然のように引き起こします。

9月18日、
福島労働局に多重派遣・偽装請負などの違法行為について申告し、
福島労働局は、翌19日、まず労働基準法違反が明らかな
健康診断費用、放射線管理手帳費用の労働者負担について返還するよう指導し、
B社は指導に応じて支払うことを明らかにしました。

26日には、B社との第1回団体交渉を行います。
これから本格的な責任追及が始まります。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 労働基準法と職場環境
genre : 就職・お仕事

tag : 非正規雇用 雇用 労働 原発 多重派遣

プロフィール

派遣ユニオン

Author:派遣ユニオン
雇用形態を問わず、一人でも入れる労働組合・派遣ユニオンのブログです。

TEL: 03-5371-8808
FAX: 03-5371-5173
E-mail: sekine(at)zenkoku-u.jp
Address: 渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F

ランキング参加中!
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
blogram投票ボタン
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる