群馬で派遣切り相談会を行いました

震災派遣切りが吹き荒れる群馬県。
9日、伊勢崎市文化会館で「派遣切り相談会」を行いました。
参加者に共通の声は「生きていける見込みがない」というものでした。

4月末で派遣切りされる40代・男性は
「こまねずみのように働かされて収入は生活ギリギリ。
 来月から仕事が無くなったら家賃も払えない。
 年金暮らしの両親がいる郷里には帰れない。
 生きていける見込みがない」
と話していました。

このまま放置すれば、リーマン派遣切りのときと同じように
路上に放り出される派遣労働者が続出するのは間違いありません。

【工場城下町は空き部屋だらけ】

派遣会社が寮として借り上げることを見込んで
工場の周辺に建ち並ぶワンルームマンション(レオパレスなど)。

富士重工、日立オートモティブ、太陽誘電などの工場が集中する伊勢崎にも
一目で派遣会社の寮とわかるワンルームマンションが無数にありますが、
ほとんどガラガラでした。
すでに派遣切りが始まっている影響と思われます。

2008年末の派遣切り通告直後に多くの派遣労働者が寮からいなくなった
日産ディーゼルの工場城下町と同じ事態が広がっています。

20~30代なら親元に帰るという選択肢がある人もいますが、
40代以上の大半の人にその選択肢はありません。
放置された労働者派遣制度は、
再びたくさんの派遣労働者を路上に放り出そうとしています。

【派遣切り撤回の闘いスタート】

派遣労働者約150人を4月末に派遣切りしようとしている
自動車部品メーカーの日立オートモティブシステムズ群馬事業所。

派遣切りを通告された派遣労働者らで
「日立オートモティブユニオン」(正式名称:「震災ユニオン日立オートモティブ支部」)を結成し、
日立オートモティブと派遣会社サンヴァーテックスに対して、
11日、「組合結成通告兼団体交渉申し入れ書」を提出しました。

要求は、派遣切り・解雇撤回、寮に継続居住する権利、
休業中の100パーセント賃金保障など。

いよいよ派遣切りとの闘いが始まります。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 労働基準法と職場環境
genre : 就職・お仕事

tag : 震災 東日本大震災 派遣切り 解雇 失業 ユニオン 非正規雇用

プロフィール

派遣ユニオン

Author:派遣ユニオン
雇用形態を問わず、一人でも入れる労働組合・派遣ユニオンのブログです。

TEL: 03-5371-8808
FAX: 03-5371-5173
E-mail: sekine(at)zenkoku-u.jp
Address: 渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F

ランキング参加中!
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
blogram投票ボタン
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる