スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者性が消えるとき

解雇も経ずしてある日突然労働契約が消失する…。
そんなことが許されるのでしょうか。
ジャノメミシンにおいては、
そんな不可解な労働契約消失が当たり前のことのように行われています。

●労働契約の消失 ~ その1
 「今後指揮命令をしない」と言ったその日から
 労働者性が喪失し事業主扱いとされてしまいます。
 厚生年金保険や健康保険の資格も喪失し、
 有給休暇や賃金受け取りの権利も消滅してしまいます。
 こんな措置が許されるのか!?
 1月20日の厚生労働省交渉の大きなテーマです。

●労働契約の消失 ~ その2
 「3ヶ月ごとの売上が200万円未満」だったら「自動退職」。
 就業規則39条には
 「定期資格審査基準に定める基準(3ヶ月で売上200万円以上)を達成できなかった場合は、
  各定期審査締め日の翌々月の20日付をもって退職とする」と定められており、
 「自動退職制度」と呼ばれています。
 会社は「意思表示を必要としない退職だから解雇じゃない。
  解雇予告も必要ない」と公言しています。

ジャノメミシン直営店ユニオンは、
こんな封建的な制度を是正する闘いを行っています。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 労働基準法と職場環境
genre : 就職・お仕事

tag : 労働 労働者性 雇用 偽装 偽装雇用 個人事業主 名ばかり事業主 ジャノメミシン

プロフィール

派遣ユニオン

Author:派遣ユニオン
雇用形態を問わず、一人でも入れる労働組合・派遣ユニオンのブログです。

TEL: 03-5371-8808
FAX: 03-5371-5173
E-mail: sekine(at)zenkoku-u.jp
Address: 渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F

ランキング参加中!
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
blogram投票ボタン
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。