スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「派遣切り」から2年

2008年11月~2009年1月のわずか3ヶ月の間に
たくさんの派遣労働者を路上に放り出した「派遣切り」から
もうすぐ2年が経とうとしています。

神奈川県の緊急住宅「いちょう団地」に入居した
派遣切り被害者たち(住まいを守る派遣切り被害者の会)から
やっと就職第一号が生まれました。

しかし、他の人たちは、仕事を見つけられないまま生活保護を受けています。

少しでも仕事をしようと緊急雇用対策の仕事を始めても、短期契約なので2~3ヶ月で終了。
「緊急雇用は一時しのぎ。自分たちが探しているのは長期的に働ける仕事」と言います。

製造派遣で派遣切りに遭ったYさん(40代・男性)は
「月に15社ぐらい応募しているが、
 約10社は書類選考で落とされ、残りの約5社は面接で落とされる」。

派遣切り直後の2009年度の派遣労働者数が前年比24パーセント減少したことを聞いて、
「就職できたのはほんの一部。多くが生活保護に行ったんじゃないか」
「派遣の仕事は若干出ているが、2ヶ月契約なので先がわからない。
 不安定な仕事に就いて一旦生活保護を打ち切られたら、
 次に派遣切りされたときには生活保護を認めてもらえないかもしれない。
 せめて1年か半年の契約がほしい」。

【年齢制限なしの募集でも実際には…】

緊急住宅「いちょう団地」に入居しているNさん(50代・男性)。
応募しても断わられてばかり。
年齢制限なしの募集でも、実際には年齢ではじかれていると言います。

やっと面接までこぎつけた機械メーカーからこんな手紙が届きました。

「いろんな経験、また技術をお持ちで、仕事への姿勢も大変まじめな方と察し致しました。
 ただ今回は若い人の応募が多数あり、現場から若い人を望むとの要望が強かったため、
 私としては大変残念で恐縮だったんですが、今回は見送らせていただくことになりました」。
関連記事
スポンサーサイト

theme : これからの日本
genre : 政治・経済

tag : 非正規雇用 派遣 派遣切り 雇用

プロフィール

派遣ユニオン

Author:派遣ユニオン
雇用形態を問わず、一人でも入れる労働組合・派遣ユニオンのブログです。

TEL: 03-5371-8808
FAX: 03-5371-5173
E-mail: sekine(at)zenkoku-u.jp
Address: 渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F

ランキング参加中!
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
blogram投票ボタン
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。