スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊予銀行不当労働行為の調査スタート

今日(7/7)、愛媛県の有力企業・伊予銀行における不当労働行為事件について
東京都労働委員会の調査がスタートしました。

自分が派遣だと知らないまま13年間働かされて、
上司から顔にタバコの煙を吐き掛けられ、
支店長からは給与明細に「不要」と書いた付箋を貼られた派遣労働者。

派遣先・伊予銀行と派遣元・いよぎんスタッフサービスは結託して、
その派遣労働者を追い詰め、切り捨てました。

雇用継続などを求めて裁判で争いましたが、残念ながら敗訴。
「登録型派遣は切られて当然」と言わんばかりのこんな判決を容認する
我が国の労働者派遣法はILO条約に抵触するとして、全国ユニオンはILOに提訴。
現在、ILOの調査が行われています。

当該派遣労働者は派遣ユニオンに加入。
ハラスメントの謝罪などを求めて、
伊予銀行といよぎんスタッフサービスに団体交渉を申し入れました。
しかし、派遣先・元ともに話し合いを拒否しています。

派遣労働者に対してハラスメントなどがあれば、派遣労働者を守る立場にあるはずの派遣会社。
しかし、伊予銀行は、いよぎんスタッフサービスにとって
大事なお客様であるばかりでなく、100%出資の親会社。
派遣労働者を守るどころか、逆らうことさえできません。

そのうえ、裁判でも労働委員会でも、伊予銀行といよぎんスタッフサービスに
同じ代理人弁護士が就いているのですから、
派遣元と派遣先の利害は完全に一致しているようです。

派遣元と派遣先が結託して派遣労働者を追い詰め、
切り捨て御免がまかり通ってしまう派遣制度では、派遣労働者は浮かばれません。

全国ユニオンは、伊予銀行といよぎんスタッフサービスを相手に徹底的に闘います!
関連記事
スポンサーサイト

theme : 労働基準法と職場環境
genre : 就職・お仕事

tag : ユニオン 派遣 非正規雇用 雇い止め 伊予銀行

プロフィール

派遣ユニオン

Author:派遣ユニオン
雇用形態を問わず、一人でも入れる労働組合・派遣ユニオンのブログです。

TEL: 03-5371-8808
FAX: 03-5371-5173
E-mail: sekine(at)zenkoku-u.jp
Address: 渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F

ランキング参加中!
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
blogram投票ボタン
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。