全国ユニオンが「17春闘アクション」と「厚生労働省への交渉」を行いました

3月16日、派遣ユニオンの上部団体全国ユニオンは「17春闘アクション」「厚生労働省への交渉」を行いました。全国ユニオン傘下の派遣ユニオン、東京ユニオン、なのはなユニオン、東京管理職ユニオン、プレカリアートユニオン、シニアユニオン東京他の仲間とともに、以下の内容で厚生労働省に要請しました。回答結果をまとめて後日ご報告いたします。。

労働契約法の5年ルールについて
(1)労働契約法18条「有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換」について厚生労働省として「通達」などで、改めてその主旨を周知・徹底するとともに、脱法行為が起こらぬよう指導を強化することを要請します。(2)独立行政法人においては、改正労働契約法による有期労働契約からの無期労働契約への転換を回避するため、2018年に大量の雇止めが発生する可能性があります。独立行政法人における有期労働者の実態(各独立行政法人ごとの有期労働契約者の人数、所定労働時間、賃金など)及び無期転換への意向について、予算を含め具体的な意向・取り組みについて調査し、公表するとともに無期化を促進するよう適切に指導するよう要請します。

労働基準監督署での就業規則の閲覧について
本年1月24日13時、千葉労働局柏労働基準監督署で松戸市内に所在する株式会社山形運輸の就業規則の閲覧を申請しました。その際、①閲覧は担当者の立会いの下で時間は20分以内、②その場での写真撮影や転記は禁止、③閲覧することができるのは原則として会社の従業員のみ(同席した組合役員などは不可)、と告げられ、同様の内容を記載した千葉労働局の書面を見せられました。上記の取り扱いは「届出事業場に所属する労働者等からの就業規則の開示要請の取扱いについて」(平13・4・10 基発第354号)を逸脱するものです。以下の改善を求めます。イ)全国の各労働基準監督署での運用について調査すること。ロ)閲覧時間に制限を設けないこと。ハ)転記、撮影、複写などを認めること。ニ)会社の従業員(または元従業員)が同席している場合は、組合役員についても閲覧を認めること。ホ)就業規則の閲覧を求めることによって不利益が想定される場合、事業主に開示を求めなかった場合であっても閲覧を認めること。へ)労働基準監督署に閲覧の申請があった場合は、当該労働基準監督署に就業規則以外にどのような規定(賃金規定など)の届けが出ているのかを事前に申請者に伝えること。ト)必要に応じて社内での就業規則の閲覧について、会社に対して強く指導すること。

派遣労働者への通勤交通費の支給
改正労働契約法20条が有期労働契約であることによる不合理な労働条件を禁止したにもかかわらず、多くの派遣会社において正社員や無期契約で働く派遣労働者に通勤交通費を支給し、有期契約で働く派遣労働者に通勤交通費を支給しないという状態が続いています。労働契約法20条を遵守し、有期契約の派遣労働者に通勤交通費を支払うよう、必要に応じて事業主団体等を通じ指導徹底することを要請します。

高齢者雇用について
(1)65歳までの雇用を本人が希望する場合には、必ず雇用確保を実現するように指導を強化するよう要請します。(2)「高年齢者雇用安定法Q&A」における設問と回答を根拠として、不当に低い労働条件を提示し、当該労働者の雇用を拒絶するケースが引き起こされトラブルが拡大しています。これらについて削除または抜本訂正を図るよう要請します。最低限こちらの指摘する「Q&A」の二問二答については早急に削除するよう要請します。

職業紹介の最低時給
労働者派遣事業や日々紹介事業などを行う大手「フルキャスト」は、派遣労働者の最低時給(最低賃金+15円)を設定したものの、日々紹介で働く労働者については、職業安定法5条の5「職業紹介事業者は、求人の申込みは全て受理しなければならない」との定めを根拠に、最低時給の設定を拒否しています。日々紹介で働く労働者の労働条件の向上が図れるよう、最低時給を設定しても良い旨を明らかにするよう要請します。

雇用保険について
(1)雇用保険被保険者資格の確認について労働者から請求があったときは早急に対応すること。(2)派遣労働者については、離職票を1ヶ月間発行せず、仮に事業主都合で離職した場合であっても、その間に派遣会社が紹介した仕事を断ったら自己都合とする差別的な取り扱いを廃止すること。
スポンサーサイト

「雇止めホットライン」

派遣ユニオンが加盟する全国ユニオンで2月24~25日10:00~20:00に「雇止めホットライン」(電話:050-5808-9835)を開催します。
来年度の契約がちょっと不安…などでも構いません。
ぜひ、相談してください!

プリマハム労働委員会 傍聴支援のお願い

『プリマハム労働委員会 傍聴支援のお願い』
プリマハムにルートセールスとして採用された女性たちが重労働の配送業務を命じられ、2名で派遣ユニオンに加入してプリマハムユニオンを結成。ユニオンとして会社に改善を求めたところ、即座に2名とも解雇(雇止め)されてしまいました。この不当労働行為事件の審問(証人尋問)が以下のとおり行われます。
傍聴支援いただきますよう、よろしくお願いします。

プリマハム証人尋問
【第1回】2016年12月16日(金)13:30~17:30東京都労働委員会
組合側証人の主尋問・反対尋問-水野組合員、小笠原組合員、関根書記長

【第2回】2017年1月17日(火)10:30~12:10東京都労働委員会
会社側証人の主尋問・反対尋問

※東京都労働委員会:都庁第一本庁舎南塔38F

【全国ユニオン2017年春闘セミナー】

【全国ユニオン2017年春闘セミナー】

2016年12月3日(土)10:15~17:30

@一般社団法人ユニオン運動センター会議室




■第一単位

『不当労働行為~最近の傾向と活用』

講師:弁護士 宮里邦雄

■第二単位

『全国ユニオン2017春闘方針(案)』

講師:全国ユニオン事務局長 関口達矢

■第三単位

『これからの賃金制度~目指すべき均等待遇の在り方』

講師:明治大学教授 遠藤公嗣

■第四単位

『労働法制改悪のポイントと運動の展開』

講師:弁護士 嶋崎量

労働セミナー『派遣労働者の交通費不支給と労働契約法』

派遣ユニオン主催/東京都労働相談情報センター共催  労働セミナー
『派遣労働者の交通費不支給と労働契約法』
國學院大學法学部教授 本久洋一氏

2016年11月8日(火)19:00~21:00
@一般社団法人ユニオン運動センター会議室


 長い間、支給されないことが常態となってきた、多くの派遣労働者の交通費…。これは差別待遇ではないかとの声が高まっています。貧困にあえぐ労働者の収入を減らし、生活を苦しめる一要因となっているこの問題について、労働契約法の観点から、國學院大學より本久洋一教授をお迎えして解説していただきます。

■参加定員:50名
■参加対象者:一般の参加可能
■参加費用:無料
■会場:『一般社団法人ユニオン運動センター会議室
渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F
(新宿からひと駅、京王新線初台駅下車徒歩5分)

お問い合わせ:『派遣ユニオン』TEL : 03-5371-8808

派遣ユニオン第12回定期大会開催

派遣ユニオン第12回定期大会を以下のとおり開催します。


『派遣ユニオン第12回定期大会』

1.日時 2016年10月22日(土)12時30分開場
              13時開始
              15時頃より組合員報告会
              16時より交流会
2.場所 ユニオン運動センター会議室(派遣ユニオン事務所)
     渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F
     電話 03-5371-8808

テレビ東京で派遣ユニオン関根書記長が取材を受けました。

本日9月27日(火)、>派遣ユニオン関根書記長が上部団体『全国ユニオン』の代表で、テレビ東京の取材を受けました。本日夕方16:00あたりの放送のようです。

派遣ユニオン藤野執行委員長がNHKスペシャルに出演!

派遣ユニオン藤野執行委員長がNHKスペシャルに出演予定です。

私たちのこれから
♯健康格差
~あなたを脅かす新たな危機~ (仮)
2016年9月19日(月) 午後7時30分~8時43分
所得や働き方の違いがあなたの命をも脅かす。日本では今、職業、経済力、家族構成や地域などによって、病気のリスクや寿命に格差が生じる「健康格差」の問題が深刻化している。このままでは、社会全体の活力が失われ、医療費や介護費のさらなる増加にもつながる恐れがあるため、健康格差は“日本の時限爆弾”だと指摘する専門家もいる。この状況は、雇用の非正規化とともに注目され、最新の研究では、非正規雇用は正規に比べて糖尿病合併症のリスクが1.5倍高いことや、教育年数が短い低所得の高齢者ほど死亡や介護のリスクが大きいことがわかってきた。また、健康寿命の地域格差については国もその縮小を目標に掲げ、対策に乗り出している。番組では、根底にある雇用や貧困の問題に向き合うだけでなく、国内外で始まっている先進的な取り組みや、専門家と市民の討論から健康格差を縮小するための具体案を提示。未来のために私たちが急ぐべきことを探っていく。放送中には視聴者参加を呼びかけ、番組の中で「気になる場面」などを選ぶ「ライブ投票」を実施、ツイッターやメールで寄せられる意見や質問も紹介し視聴者の皆さんと一緒に考えていく。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160919

本日明日 派遣トラブルホットライン開設中です!

派遣労働ネットワーク主催
第2 9 回「派遣トラブルホットライン」
実施期間:8 月27 日(土)~28 日(日)
受付時間:10~20 時まで
電話番号:050-5808-9835


NPO 法人派遣労働ネットワーク(代表:中野麻美弁護士。以下「派遣ネット」)は、以下の日程と電話番号で「派遣トラブルホットライン」を開催します。派遣トラブルホットラインは今年で第29 回目。昨年9 月の改正労働者派遣法施行後、初めてのホットラインです。契約内容や労働条件問題、職場のあらゆる問題に弁護士や派遣ユニオン・全国ユニオンの相談担当者等のスタッフが」対応しま
す。気軽にお電話をください。

派遣スタッフアンケート2016 実施中!!!

派遣で働くみなさんの声をきかせてください!
NPO法人派遣労働ネットワーク実施
『派遣スタッフアンケート2016~
      法改正で派遣の現場はどうなったか?』


《実施要項》
実施期間: 2016 年4 月1 日~8 月31 日
実施主体: NPO 法人・派遣労働ネットワーク
アクセス: 派遣労働ネットワークのホームページ
       http://haken-net.or.jp から直接ご回答ください

         希望者には抽選で10 名に商品券を進呈

連絡先: NPO 法人・派遣労働ネットワーク
      〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F
      ℡:03-5354-6250 FAX:03-5354-6252
プロフィール

Author:派遣ユニオン
雇用形態を問わず、一人でも入れる労働組合・派遣ユニオンのブログです。

TEL: 03-5371-8808
FAX: 03-5371-5173
E-mail: sekine(at)zenkoku-u.jp
Address: 渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F

ランキング参加中!
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
blogram投票ボタン
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる